厚生労働省登録検査機関 JIFE 株式会社日本エコロジー研究所
食品の安全と安心を検査で
トータルにサポートします。

ノロウイルス検査

近年、ノロウイルスによる食中毒が増加しており、その感染経路は食品とヒトの二つと言われています。ホテル、レストラン、学校などの施設で食中毒として発生する感染性胃腸炎の大部分はこのウイルスが原因です。   
ノロウイルスは感染力が非常に強く、100個以下のウイルス量でも感染することがあります。下痢や嘔吐等の自覚症状がない場合でもノロウイルスを保有している場合があり、そのような人が食品を取り扱った場合、食品を介して非常に大きな食中毒事故につながるケースがあり、大きな問題となっています。   
定期的にノロウイルス検査を行うことで、食中毒発生や他者への感染のリスクを低減させることができます。    
  ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

厚生労働省より発出されている「大量調理施設衛生管理マニュアル」において、「必要に応じ、10〜3月には検便検査にノロウイルスの検査を含めること」、「ノロウイルスの感染防止に努めること」及び「適切な処置をとること」などノロウイルスについての対策の強化が盛り込まれています。
  大量調理施設衛生管理マニュアル(厚生労働省)


ノロウイルス検査のご相談は、弊社にご連絡ください。
 ※ご依頼の概要は下表のとおりです。
 ※詳しくは、お電話(078-321-2311)又はメール(info@jife.co.jp)
   でご相談ください。
 ※2015年9月に新型ノロウイルスの感染報告!
 ※国立感染症研究所は例年にない大規模な流行になる恐れがある
   と発表!

 ※パンフレットはこちら
     ノロウイルス検査案内 NEW 
     ノロウイルス検査その1
     ノロウイルス検査その2
     ノロウイルス拭き取り検査

 
  
※嘔吐物の検査も可能です。事前にご相談ください。
専用容器に採取し、必ずクール便(冷凍または冷蔵)で提出願います。
*検査のご依頼が非常に多くなる12月〜2月の間は、追加で1日お時間をいただく場合があります。

関連資料(外部サイト)
 ・国立感染症研究所 2015.9.2掲載資料
 ・国立感染症研究所 2015.9.8掲載資料